サンデーメカニックの工具選び

ハスラーにお乗りのみなさん。

この前なんて関東じゃ雪も降ったし…と、
焦ってスタッドレスを購入しようとしていませんか?
いや、既に購入してしまった方もいるかも…

ですがスタッドレスタイヤを購入しない、
もう一つの選択肢をご用意しました。

豪雪地帯なら間違いなくスタッドレス一択

あっ、石を投げないで・・・いたた

さっそく言ったことを覆してしまいましたが、
豪雪地帯ならばスタッドレスタイヤ一択でしょう。

冬の間はずっと積もっているはずですし、
この選択肢はアイスバーンなどには結構弱く、
あまりオススメできないからです。

その選択肢とは・・・ATタイヤ!

A/Tタイヤの説明についてはこちらの記事へ。
(ジムニー用タイヤの解説風ですが、全車共通です)

ATタイヤって四駆四駆した車しか履けないんじゃ?

ちょっと前はランクル、ハイエース、ランクルプラドなど、
いわゆる大きい車しか履けないATタイヤばかり。

そこへプラスして軽自動車用はジムニーとパジェロミニくらいで、
ハスラーに履けるようなA/Tタイヤはありませんでした。

しかし、近年の需要を受けて動いたメーカーが!

救世主「NANKANG/ナンカン」のATタイヤ、FT-9!

コメント欄で教えて頂いたんですけど、
ナンカンのFT-9ってタイヤはハスラーでも
装着できるサイズ設定があるんです。

ナンカンは台湾のタイヤメーカーで、
設立は1959年と結構歴史があります。

セダンのVIPカーや、ワゴンの低扁平タイヤなんかは
チューナーサイズのタイヤもラインアップしていることから、
実はNANKANGタイヤを履いている人も多く、
ある意味有名ブランドなんです。

そして実は1989年から1996年まで、
日本の二大タイヤメーカーの一つであろう
ヨコハマタイヤ(正式名称は横浜ゴム)が技術提供をしていました。

そのナンカンが作っているATタイヤ、FT-9です。

ATタイヤの良さはわかったけど、問題はないの?

もちろん、あります。

ジオランダーA/T+Sで凍結路面を走った結果・・・

こちらの記事を見て頂ければ、
ATタイヤのデメリットもわかって頂けると思います。

最大のメリットは、通年通して履けること

スタッドレスタイヤって、
春になったらサマータイヤに履き替えて
秋になったら履き替えればいいんですが・・・

実際、初雪が降る予報があったりして、
その前日につかれた身体にムチ打って
引っ張り出してきて履き替えさせますよね。

あれってものすごく煩わしいですよ。

その点、ATタイヤを装着すれば通年使えます。

かくいう私も、関東で雪が積もったあの日・・・
ATタイヤである利点を最大限に生かして、
全く問題なく走り回ってましたからね。

夏も、もちろんあっちこっち走りまわってます。

ハッキリ言って、道路上に20cmを超える雪が積もらない限り、
ジムニーとの4WD性能は変わらないはずです。

むしろ、電子制御がある分、
ハスラーの方が4WD性能には分があるかも・・・

とはいえ、たとえスタッドレスでも
凍結路面は危険ですので細心の注意を払い、
もしムリそうなら公共交通機関を使い
アイスバーンは回避した方がよさそうですね。


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*