サンデーメカニックの工具選び

希望ナンバー制でどんどん消費される、

レアな数字のナンバープレート番号。

ついに分類番号が枯渇してしまうそうで・・・

何が書いてある?改めてナンバープレートの内容解説

Japanese_green_on_white_license_plate

スポンサーリンク

「多摩」⇒地名を表す

ナンバープレートを払い出した運輸支局や自動車検査登録事務所を示す。

1文字から4文字の地名が表示される。

古くは「埼⇒埼玉」や「品⇒品川」など、1文字で表されていた。

埼玉は後に分裂して大宮や春日部、その他諸々に分割。

「500」⇒分類番号

分類番号の1桁目は自動車の分類を示す。

  • 1⇒普通貨物車
  • 2⇒普通乗合車(11~29名乗りのバス等)
  • 3⇒普通乗用車
  • 4⇒小型貨物車
  • 5⇒小型乗用車
  • 6⇒小型貨物車
  • 7⇒小型乗用車(5が埋まった時点で使用する)
  • 8⇒特種用途自動車(キャンピングカー等)
  • 9⇒大型特殊自動車0建設機械

後ろの2桁は連番になっていて、300、301、302・・・と

連番をカウントアップしていました。

で、今回のナンバープレート枯渇問題はここが問題・・・ですが、

とりあえずナンバープレートの内容を説明していきます。

「さ」⇒ひらがな、または一連指定番号

自家用車では

「さすせそたちつてとなにぬねのはひふほまみむめもやゆらりるろ」

が使われています。

これ以外は事業用やレンタカー等に使用されます。

これがYやEなど、英語の場合はアメリカ軍の関係者が使用しています。

「46-49」⇒一連指定番号/車両番号

日本では下二桁が42や49は縁起が悪いので、

希望しない限り払い出されません。

ですが、42-19や・4-27、96-41、96-46は払いされています。

というのも、42-19はうちの父の車が以前、

検なしの中古車を購入したらそのナンバーだったんです。

その内容についてはこちらを参照のこと。

なぜナンバープレートの分類番号は枯渇してしまったのか?

希望ナンバー制度が最たる理由であることは間違いありません。

ですが、以前は3ナンバーってなかなかなかったんですよね。

でも、あなたにも思い出してほしいんですが、昔の車って・・・
ほとんどが5ナンバーだったと思いません?

今の日本では5ナンバーももちろんですが、
それと同じくらい3ナンバーも売れてますよね。

 

で、さっき説明した分類番号のことを思い出してほしいんですが、
300番台は普通乗用車、500番台は小型乗用車となっていま。

700番台は500番台が枯渇した場合のみ、小型乗用車となるので、
300番台にそもそも余裕がないんですよね。

そんな中、希望ナンバー制のおかげ?で
ごりごり消費していくんです。

そりゃ、確かに枯渇しちゃう理由になりますよね。

確かに街中で389とか、もうギリギリのナンバーを見たことがある

確かに、私も街中で大宮389のナンバーを見たことがあり、
友人と「どうなるんだろう・・・」と言っていましたが・・・
(後日友人に確認したところ、大宮399でした)

ついにアルファベットが割り振られるようですね。

「3AA」「30A」なんて、ちょっと格好悪いですよね・・・

ナンバープレートフレームも違法になったり、
ナンバーは色々あるのでちょこちょこ情報は
チェックしておかないとですね。


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*