サンデーメカニックの工具選び

パッと見て目につくのはフロントにある、
モリのような3本の先端ですよね。

これが特徴的な車はMaseratiです。

動画の左上にMaserati Levante – Desireとも
記述してありますね。

そのエンブレムの車はMaserati(マセラティ)

まー、今はMaseratiもだいぶメジャーになってきたので、
車に興味ある人なら結構知っているかもしれません。

maserati-levante

このロゴマークはマセラティが創業した、
イタリア北部にあるボローニャという都市の
シンボルとなっているネプチューンの噴水から。

BO-nettuno
ローマ神話の神であるネプトゥーヌスを
英語読みするとネプチューンになります。

これはギリシャ神話で言うポセイドンと
似たようなものと思っていただければ。

この彼の槍の先をモチーフにしたのが、
トライデントと呼ばれるマセラティのエンブレム。

なお、創業者はアルフィエーリ・マセラティですが、
弟のエットレとエルネストの二人が会社へ合流し、
ブランディングのために近年の後付けかもしれませんが、
兄弟の強い絆という意味もあります。

マセラティと言えば、甲高い排気音!

このメーカーの特徴は、排気音がめちゃくちゃ高音で、
フェラーリエンジンを搭載しているところ。

え?マセラティってフェラーリなの?

いえいえ、違うんです。

マセラティのエンジン以外は自社製なんですが、
エンジンだけはフェラーリ製のエンジンを、
独自に購入してるんですよね。

どちらもフィアット傘下だから出来る技か・・・と思いきや、
2015年にフェラーリはフィアット傘下から独立しました。

でも、しっかりと供給は続けられているので、
前向きな独立だったんでしょうね。

フェラーリエンジンがマセラティの核

フェラーリといえば車高が低く、
スポーツすぎるほどスポーツカーな車です。

ユーザビリティを考え、シューティングブレーク型で
四輪駆動を搭載したフェラーリ・FFですらこの低さ。

ferrari-ff

マセラティと言えばスポーツ性を持ちつつも
普段使いできる車。

今回CMになっていたレヴァンテも、
マセラティ初のSUVですからね。

そこにフェラーリエンジンを搭載することで、
「ちょっと、フェラーリは派手すぎてね・・・」

という顧客層を取り込むことができるし、
フェラーリとしてもライバルにはならないわけです。

お互いがWIN-WINである関係と言えるでしょう。

マセラティの凄まじい車内のクオリティも欠かせない

maserati-levante-interior01

このイヤらしいまでの高級感。

maserati-levante-interior02

これ、ほとんど本革ですからね。

私がいつか乗りたい車の1台に、
マセラティも入ってますからね。

マセラティに乗る芸能人は・・・

渡辺正行さんがおぎやはぎの愛車遍歴で
マセラティを披露してましたね。

他にも、中村獅童さんも雑誌で披露していたり、
トヨタ2000GTも所有している唐沢寿明さんも
マセラティのオーナーです。

芸能界という華やかな場所にいてお金もある。

でも、フェラ―リに乗って常に目立つのは・・・
そういうオーナーが購入する車がマセラティなんでしょうね。

ちなみに、私の住む田舎では1年に1回見れればいいくらい
マセラティに乗る人はいません。。。


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*