サンデーメカニックの工具選び

さてさて、開封したオートアートのスカイラインGT-R

R32の1:18モデルの詳細を見ていきましょう。

開封した時の話はこちらを参照してください。

あなたも絶対購入したくなるオートアートの魅力をご覧あれ~

スポンサーリンク

いろんな角度からボディ全体を見る

20160426-skyline-r32-01

ナナメから見たところですが、地面と背景さえしっかりしていたら・・・

実車と見間違うレベルのクオリティじゃないですか?

5本スポークのバランスも実車さながらですし、

サイドパネルやバンパーの造り込みだけに留まらず、

フロントバンパー下の艶消しブラックの部分も◎です。

20160426-skyline-r32-02

少し絵上から見ると、ボンネットや天井のツヤがいいですね~

少し見える室内も実車と同じく布の質感が出ていて凄い。

20160426-skyline-r32-03

似たような角度ですが続きます。

20160426-skyline-r32-04

フロントから見たところですが、

ナンバープレートは「SKYLINE」と書かれています。

ヘッドライトとフェンダーのチリが少し合ってないですが、

まあ、許容範囲でしょう。

やっぱりノーマルのフロントバンパーはシンプルで恰好いい!

後付けでニスモダクトはつけないほうが良いと思うんですが・・・

(と言いつつ、昔はノーマルバンパーよりニスモダクト派でした)

20160426-skyline-r32-05

かっこええ~~~~!

20160426-skyline-r32-06

フロントバンパー下の艶消し部がまた引き締まるんですよね。

ここをボディ同色塗装する人もいますが、

私はこの艶なしブラック派です。

(これも昔はボディ同色塗装派でしたw)

20160426-skyline-r32-07

スカイラインGT-Rがレースカーである証明の赤バッジ

(レース直系は赤バッジ、標準のスカイラインは青バッジ)

そして標準車の特徴であるドリルドディスクももちろん再現。

ホイールは16インチのBBS製の鍛造5本スポークを見事に再現。

根っからのGT-R好きならこのアングルはずっと眺めてられますよね。

20160426-skyline-r32-08

そして斜め後ろからの写真になりますが、

スカイラインGT-R R32と標準のR32を見分ける特徴は、

ぼっこりと膨らんだブリスターフェンダーですよね。

このブリスターフェンダーのおかげで、タイプMとは違った

グラマラスなボディに仕上がってます。

20160426-skyline-r32-09

もう少し下のアングルから。

ドアはもちろん開くことができますが、まあ、それはまた後にしましょう。

少しタイヤとフェンダーの隙間がローダウンしているように見えます。

実際はもう少し隙間が空いていますよね。

20160426-skyline-r32-10

そしてまたまた美しいテール。

標準車であるために、リアウィング(リアスポイラー)の下に、

L字アングルのようなフラップがついていません。

そしてGT-Rのエンブレムが誇らしげに鎮座していますが、

これはちょっと位置のクオリティが低いかもしれません。

実際はもうちょっと、上ですよね。

20160426-skyline-r32-11

少しフェンダーを映し込んだところ。

やっぱりこのリアのブリスターフェンダー大好きですね~

テール全体の薄さと相まって横幅が猛烈に幅広く感じます。

実際は最近の車よりよっぽど狭いですから不思議な物です。

20160426-skyline-r32-12

しっかりとリアの牽引フックも作り込まれてますね。

そしてリアナンバーはもちろん、

フロント同様「SKYLINE」と刻印されています。

できれば「SKYLINE GT-R」にしてほしかったですが、仕方ない。

20160426-skyline-r32-13

いや~、いいですねえ~~~!

箱にMade in CHINAとあるので中国製ですが、

外装はほぼ実車と同じく再現されていて、

そんなの関係ないくらいに仕上がってます。

開閉できるところを開閉していきましょう

20160426-skyline-r32-14

ドアをあけたところ。

ドアの内張りもしっかり再現されてますし、

確認しづらいですがスカッフプレートには

しっかりとSKYLINEと入っているのも◎です。

20160426-skyline-r32-15

これは運転席側のシートですが、

質感が本当にそっくりなんですよね~

シートのリクライニングするノブや、

座面の高さを変えるぐるぐる回す・・・ノブ?もしっかり再現。

フロアももちろん、フェルトのような布になっているので、

手触りがバツグンにいいです。

20160426-skyline-r32-16

助手席側はこんな感じ。

実車はダッシュボードのカーブに浮きが出ちゃいますが、

これはもちろん一体成型なので浮くことはありませんw

20160426-skyline-r32-17

運転席側に戻ってステアリングをよく見てください。

ちょっと左に切れてると思いません?

AUTOartのステアリング、実は切れるんです。

そうするとどうなるかというと・・・

20160426-skyline-r32-18

この通り!

タイヤが左右に動くのとあわせて、

ステアリングも回るようになってるんですよ!

LFAとかの1:18ミニカーだと、ウィングとかも駆動しますし、

NSXのリトラクタブルヘッドライトはヘッドライトも駆動します。

20160426-skyline-r32-19

これがまっすぐの状態。

これは初期不良だったのか、作りが悪いのか、

右にはハンドルをきれませんでした。

20160426-skyline-r32-20

フロント裏側。

タイヤパターンはしっかり刻まれてますし、

フロントデフボックスやギアボックスもあります。

フロントパイプは2本ですね。

20160426-skyline-r32-21

ギアボックスとフロントパイプから触媒、

そして後のサブタイコへつながります。

Nissan Skyline R32 GTRと刻印があります。

20160426-skyline-r32-22

ガソリンタンク、そしてそこらのチタンマフラーより

高い値段がつけられている純正マフラーのテールエンド

さすがにここは穴が開いてませんでしたが、

しっかりと金属系の見た目になってます。

20160426-skyline-r32-23

開けられるところを全て開けた状態。

フロントボンネット、トランク、右ドア、左ドアです。

サッシュレスドア(窓に枠がないタイプ)も

しっかりと再現されていますし、ガッチリしています。

20160426-skyline-r32-24

ボンネットをあけたところ。

エンジンルームもしっかり着色され、再現されています。

20160426-skyline-r32-25

ボンネットを開けておくために小さ目のクリップほどの

金属の支柱が横になって格納されているので

それを使いボンネットを開けたまま保持します。

うんうん、しっかりとエンジンが再現されています。

20160426-skyline-r32-26

これを見ればよくわかるように、

スカイラインの心臓部であるRB26もしっかり凹凸加工してあり、

本当に緻密に作られているのがよくわかります。

20160426-skyline-r32-27

このR32のホイール、友達から誕生日プレゼントにもらったんですが、

本当に製品のまんまで作られていてビックリしました。

もちろん、どちらもしっかりとドリルドローターになってます。

20160426-skyline-r32-28

最後に1枚、ベストアングルのBNR32です。

オートアートの車はどれもクオリティが高いので、

ぜひ1台手に入れたらもう一台、もう一台と

コレクションしたくなること間違いなしです。

AUTOartDESIGN 日産 スカイライン GT-R (R32) ホイール・キーチェーン GT-Rエンブレム付

AUTOart 1/18 ニスモ R34 GT-R Z-tune (ベイサイドブルー)

AUTOart 1/18 日産 フェアレディ Z432 (オレンジ)

開封した時の話はこちらを参照してください。


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*