サンデーメカニックの工具選び

ジムニーのハイリフト・ボディリフトって、

結構ハードル高いんですよね。

その悩みを解決する商品があったんです!

スポンサーリンク

ハイリフト・ボディリフトの大変な作業

サスペンションの交換ともなると、

やっぱり面倒臭い作業が多いし、

基礎知識もなしに交換するのは怖い。

 

ボディリフトも、ラダーフレームに刺さってるボルトを外し、

いったんボディとフレームを切り離す必要があります。

そしてスペーサーをその間に入れなきゃいけない。

 

で、K-PRODUCTSがめちゃ簡単に、

ボディリフトできるキットを発売してたのを発見!

どのくらい簡単なの?

この動画を見てもらえればわかるはずです。

すっげー簡単にできそうじゃないですか?

これなら私もボディリフト、できそうです。

25mmハイリフトすると見た目、結構変わる!

25mmというと、2.5cmです。

これってほんの少しと思うかもしれませんが、

これだけ変わると見た目ってだいぶ違うんですよね。

 

このハイリフトキットを使うと、4~6型はあたらず君を使わずとも、

185/85R16のタイヤサイズが履ける・・・かもしれません。

(9型はもともとOKでした)

といっても、マージンを考えると装着したほうがいいのかも。

必要な工具は?

K-PRODUCTSの動画を見る限り、工具も少なくてOKそう。

おそらく12mmか14mmのディープソケットと、

ヘッドライト回りを10mmか12mmのソケットくらい。

いつもアルテッツァに乗せてる工具セットがあれば余裕かな。

20160201

この工具セットはいつもアルテッツァに乗せてますが、

藤原産業(SK11)のエントリーブランドE-Valueで、

やっぱりKTCの工具と比べるといちいち大きいんです。

 

でも、精度は悪くありませんし、物置に置いてあるTONEの工具箱が

最近重くて出すのが面倒で・・・ついこの工具使っちゃってます。

私が勝った時は3000円しなかったので、いい買い物でした。

E-Value ソケットレンチセット ESR-2340M

新品価格
¥3,398から
(2016/2/1 13:56時点)

このボディリフトキットの優れている点

2016000153

やっぱりこの加工精度見ると、ウットリできますよね。

(きっとジムニー好きの人なら理解してくれるはず)

あ~!こうやって貫通させるのを回避したかっ!って

目からウロコの構造でした。

しかも、加工精度がよければしっかり強度も出ます。

逆に、中華モンの格安パチモノがもしあったとしても、

ボディの全重量が載るこのパーツには使えませんしね。

ボディリフトを考えてるなら、この商品は買いですよ、買い!


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*