サンデーメカニックの工具選び

アメリカの25年ルールが適用されることで、
BNR32、いわゆるスカイラインGT-RのR32型が
アメリカにバンバン輸出されはじめていることは、
あなたの記憶にも新しいと思います。

これはR34にも言えることで、R32よりも更に高騰する理由があるんです。

その理由とは・・・?

スポンサーリンク

過去のスカイラインGT-Rの販売台数

皆さんは、過去にスカイラインGT-Rが何台販売されたか、
ご存知でしょうか?

私はつい最近知って驚愕しました。

スカイラインGT-Rの販売実績

ハコスカ前期(PGC10)・・・832台

ハコスカ後期(KPGC10)・・・1,197台

ケンメリ(KPGC110)・・・195台(製造は197台)

R32(BNR32)・・・43,934台

R33(BCNR33)・・・16,520台

R34(BNR34)・・・11,344台

ケンメリのKPGC110が195台しか販売されなかったのは除外すると、
BNR34型のR34スカイラインGT-Rは非常に生産台数が少ない。

一方、BNR32の生産台数はバブル絶頂期のこともあり、
非常に多く製造されました。

といっても車、乗られていた時代の背景を考えるに、
BNR32で現存する車体は半数以下と思われますが。

BNR32の約1/4しか製造されなかったBNR34

いや~、すさまじいですね。

正直、ここまでBNR32が製造されていたことと、
BNR34が製造されなかったことにびっくりしました。

私が今、譲ってもらえるかもしれないスカイラインGT-Rは
BNR32ですが、この製造台数を知ると少し複雑ですね。

といっても、やっぱりあこがれはBNR32であることに変わりませんけど。

本当に、好きなんです。

nissan-skyline-bnr32-gt-r

最近考えていること

ヘッドライトをHID(LED)にして、暗いプロジェクターヘッドライトを改善し、
ナンバー灯はちゃんとしたそれなりの価格がするLEDへ交換。

マフラーも交換したい。

ホイールはBNR34の純正18インチBBS製鍛造ホイールがいいな。

そんな妄想が膨らみますが、
「フルノーマルを汚していいんだろうか・・・」

こんな考えが頭をよぎります。

つまり、もう入手することを前提に考えているようです。

話が逸れました。

BNR34の高騰

つまり生産台数からBNR32の比じゃないくらいに、
最後のスカイラインGT-RであるBNR34は高騰する。

これが私が予想する理由です。

もし、お金があるならばミッドナイトパープルのBNR34も
入手したいと考えていますが・・・無理でしょうね。

もし、状態のいいBNR34を購入するなら今ですよ。

Nissan_Skyline_R34_GT-R_Nür_001

今までは日本の1億人で奪い合っていたところに、
アメリカ資本の約3億人が入札してくると考えればわかりやすいですね。

富裕層が札束でブッ叩いて入札してくれば、青天井で高騰します。

ま、全員が金持ちでもなければ興味もないでしょうから
単純にそうも言いきれないですけどね。

Goo-netで探すと「スカイライン」枠に入っていて探しにくいので、
カーセンサーでスカイラインGT-Rの欄から探すことをおすすめします。



2015/10/17追記

どうやらアメリカの25年ルールとは別に、
北米でも15年ルールというものがあるらしく、
そこでもまた規制されているようです。

BNR34が世に出てちょうど15年が経過しているので、
既に騰が始まっているようです。

世に25年ルールが知れ渡ったので、
5年後くらいに相場が落ち着いてから購入すればいい・・・
なんて悠長なことは言ってられません。

投資家が投資目的で購入する、なんてこともあるかも。

世界に誇れるメイドインジャパンの名機RB26DETTが
熟成されBNR34に搭載された最終型のエンジンを手に入れるためにも、
やっぱり、急いだほうがいいですね。


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*