サンデーメカニックの工具選び

ジムニー純正のブリジストン デューラーH/Tと
ヨコハマのジオランダーA/T-Sで、
雪道を走ってみた感想です。

ちなみにタイミングよく、
どちらも20cmほど
積もっていた状態で走れました。


デューラーH/Tの場合。

こちらは少し乗ってみただけで、
路上には出ていませんので、
参考までに。

4WD-Lモードで走ってみましたが、
思ったよりも意外とぐいぐい進む印象。

ただし、タイヤの溝に雪が詰まるせいか、
4WD-Lでもタイヤがググググッと
スリップ?スタック?して、
スムーズに回らない感じが多少ありました。

 

ジオランダーA/T-Sの場合。

前の記事で書きましたが、
185/85R16にサイズアップしています。

こちらは何十年に一度という大雪の日、
路上を走りました。

jb23_snow

驚きの安定感。



少なくともスタッドレスタイヤを装着した
FR車より安定感がありました。

比較対象はアルテッツァの
純正アルミホイール17インチの
7Jに215/45R17の
ヨコハマICE GUARD TRIPLE IG30

しかも製造から1年以内。

(45扁平でスタッドレス履くなよって
話はあるかもしれませんが・・・)

 

ジオランダーA/T-Sは、
思わず楽しくて誰もいない田舎道を
わざわざ遠回りして走ってしまうくらいに
安定してました。

お尻ふりふりすることもなし。

 

そして次の日も車に乗る機会が
ありました。

大雪が降った次の日は
大雨が降ってましたよね。

この雨が雪にしみ込んで
雪は重量感があり、
シャバシャバした状態です。

しかもほとんどの場所でわだちの部分に
水が溜まっている状態。

 

この状態でも無敵でした。

雪、降ってたっけ?

っていうレベルの安定感。


4WD-Lモードにしたらもう怖いものなし。

通常の4WDで走行していると、
低速域では自らのタイヤで
雪を踏み固めてしまいます。

すると、急な45度の坂が目の前にできるようなもので、
加速・・・どころか前に全く進まなくなります。

 

でも、ひとたび4WD-Lにすれば
その雪をぐんぐん越えていきます。

これがもしスタッドレスタイヤだったら、
更に安定感が得られたんでしょうか。

 

しかし自分は、
少なくとも埼玉ではスタッドレスタイヤは
不要だと感じました。

もちろん下りの坂道で
アイスバーンだったりしたら
止まらないかもしれません。

でも、通年A/T-Sタイヤで、
そういう場合のみタイヤチェーンを
装着しても全く困らないなという感触です。

だって残りの一生で
これ以上雪が降る事なんて
数えるほどしかないはず!



雪国に引っ越すなり、
ウィンタースポーツにハマるようなら、
さすがにスタッドレスタイヤを
買った方がよさそうですけどね。

まるでヨコハマの回し者みたいですが、
ジオランダーA/T-S万歳!

スポンサーリンク

よかったらこちらもどうぞ

ジオランダーA/T-Sで凍結した道路を走る!
【購入から約1年経過】

 

あとタイヤチェーン
昔の鎖タイプじゃなく、
ゴムタイプでもなく、
不思議なタイヤチェーン
自分もこれ買いました。




今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
*