サンデーメカニックの工具選び

SUZUKIの新型車HUSTLER(ハスラー)


0 コメント

あけましておめでとうございます。
今年も1年間よろしくお願いします!

では、新年一発目の新型車紹介!

SUZUKIの新型車、ハスラーです!

HUSTLER01

HUSTLER02

なかなか見た目は面白いですよね。

HONDA N-ONE系の特徴的な遊びっぽさを前面に出してますね。

車体色もポップなカラーリングですし。

さらに価格も104.8万~とリーズナブル!

しかも!

いまどきうれしいMTもラインアップされているので、
いろいろなタイプの人に合いそうですね。

ただ、ハスラーはワゴンRのプラットフォームを利用しています。

なので、本格的な悪路を走行するなら、
ラダーフレーム構造のジムニーを購入すべきです。

ラダーフレームとは、
通常のボディが鉄板だけで構成されている
モノコックボディと言われるのに対して、
シャシーの上にボディが載っているのです。

ジムニーは悪路走破用のLo-4WDと、
通常の四駆であるHi-4WDがスイッチで切り替えられるし。

(Lo-4WDはかなりギア比が低いモードで、
こんな坂登れるの!?っていう坂まで登れます)

なーんて言いましたが、
そんな本格的な悪路なんて走らねーよって感じですよね。

ジムニーはタイヤサイズが特殊なのですが、
ハスラーはワゴンR等と同じサイズが使えます。

雪道とかならこっちの4WDのほうがよっぽど安定してそうですし、
何より燃費も大違い。

ジムニーの設計は10年以上前のものなので、
燃費も悪い(MTで15km/h、ATは10km/hくらい?)ですからね…

ただ、この車MTの場合「エンジンリスタート機能」という
面白い機能がついていて、
走行中〜停車時にエンストした場合、
ギアをニュートラルにしてクラッチを踏むと
エンジンがかかる機能がついてます。

正直慣れればいらないですけど、
久しぶりにMT乗りたいな…とか、
初めてMTに乗るけどエンストが怖くて…
っていうきっかけにはなるので、
面白いとは思います。

かくいう自分も、
MTに乗り出した頃交差点のど真ん中でエンストしましたからね。
焦るんですよね、あれ。

ということで、ジムニーはジムニーでいい車。

ハスラーはハスラーでいい車。

ワゴンRスティングレーとか
街中いっぱい走ってるし、
ちょっと個性がね〜。

かといってジムニーとか3ドアだし、
ちょっと使い辛いよねえ〜

っていう人にはオススメだと思います。

なんだかジムニーユーザーとして嫉妬なのか
擁護なのかわからない記事書いちゃいました。

いいんじゃないでしょうか、ハスラー。


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*