サンデーメカニックの工具選び

ブレーキキャリパーの塗装について
調べる方が多いので書きます

ブレーキキャリパーを塗装する上で塗料の選ぶ前に、
ブレーキの温度を学びましょう。

基本的に普通のブレーキーフルードの規格は
DOT3が主に使われています。

このDOT3というブレーキフルードは
ドライ時の沸騰温度が205度です。

といっても、実際はブレーキホースなどの
ゴム類もそこまでの高音では
かなり劣化してしまうので対策が必要になります。

ですので、一般走行で温度が高くなることは
基本的にありません。

もちろん、サーキット走行や
夜な夜な峠、首都高を攻めている方は別です。

 

なので、実質町乗りでは
普通の塗料でも大丈夫だったりします。

といっても最低限はカバーしてほしい。
なので、最高でも「〜200度」
耐熱塗料を選定すればばっちりなわけです。

この黄色い塗料は小分けされているのでオススメです。

下のスプレーと違って値段が安いのがいいですね

この塗料はイエロー以外にも
いろいろな色があるので使い分けできますし。

 

ちょっとお値段は高くなりますが、
スプレータイプの耐熱塗料もあります。

ただ、スプレータイプの難点は
塗りたくない場所への養生が面倒

そして細部まで細かくぬれない

 

なので、塗料を購入した場合は
刷毛塗りをおすすめします。

塗料がボディについたりしたら
凄いショックですもんね

お金もさほどかからず
簡単にイメージチェンジできるのでおすすめ


今の自動車保険、損かも?

保険料が安くなればあの工具、パーツが買える!

あなたへのオススメ記事

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

*